FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶体絶命都市2最終回 須藤編

ちら。


さて、いままで長いことやってきた絶体絶命都市日記ですが、今回で最終回となります。

最終回は1の主人公『須藤』です。


そらうみポータブルのほうでも須藤編は書いていなかったのでついに解禁といったところですね。


正直須藤編めんどうだったのでプレイしてなくて、須藤編は皆さんで実際に見てくださいみたいにして終わらせただけです。



これ書くために、絶体絶命都市2を引っ張り出してきて最初からやりましたよ。




各キャラごとに、グッドエンドとバッドエンドがあるのですが、篠原編だけバッドエンドにすると須藤出現します。

各キャラには特殊能力があって、例えば柘植さんだとラジオが聴けたり、篠原くんだと温めあうだったりですが、須藤の特殊能力は情報をつなぎ合わせるやつでした。


キーワードを集めてつなぎ合わせて、この事件が田辺知事の手によって引き起こされたことや、かつてこの町で起きた事件のことなどがわかります。



全員のプレイに同行したわけではないのに真相にたどり着くなんてさすがですね。



でも調べてる場合じゃないんですけどね。



水もうそこまできてますよ。




1では水に苦労した須藤ですが、ここには死ぬほど飲める水があります。



飲めるから助かるわけじゃないんです。



今度は水に飲まれるかもしれないんですから。




なんてうまいことを言ってしまいました。



1の後遺症でしょうか須藤は足を悪くしていて杖をついています。



つまり走れません。



のろのろ歩きながら会社を抜け出します。


駅のほうに向かいますが、こっちにきてどうするつもりなんでしょうか?



というかここ最後に篠原くんがたどり着いたとこですね。



篠原くんがグッドエンドだとこの場所に来てしまうので須藤の出番がないわけです。



つまり根岸からディスクを受け取るのが篠原くんから須藤になるんです。



水が押し寄せるビルを上り、根岸のところに着きます。



これを持ち帰れば一躍ヒーローだと根岸からディスクを受け取ります。



ただの一般人の篠原くんではマスコミか警察かにディスク渡して終わりでしょうが、須藤ならばさらに真相にたどり着けるというわけですね!


さすが真エンディング!!


ディスクを持って鉄塔をよじ登ります。



足悪いのによく登れますね。


これプレイしたらわかりますけど、登ってるときの須藤のモーション全然足悪そうじゃないです。



そこまでモーション作りこめなかったんですかね?

さすがアイレムクオリティ。




あれ?


でも待て。


篠原くん編では鉄塔に登った先に藤宮さんのお父さんのヘリがあったからこそ登ったわけで



須藤では誰もいないぞ。



でもどんどん鉄塔の水に飲み込まれているのでとりあえず登るしかない。




そのときでした。









「せんぱーーーーい!!」






本多っち!!!



おま!


なんでわかったんだよ。


もうこの際いいよ。アイレムクオリティだよ。



さあ、田辺知事を追及しにいこうぜ!











おわり。






はあ!?






篠原編と変わらないじゃん!!


真のエンディングなんてなかった。


ただ篠原くんが須藤になるだけだった……。



こんなおまけのために俺は……。


最初からやり直したのか……。





―完―

FC2 Blog Ranking←28699位。お付き合いありがとうございましたー!
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

絶体絶命都市2 篠原くん編3

ちら。


前回ですべての主人公をプレイし、最後に篠原くん編に戻ってきます。


ガムです。



時間は、篠原くん編のゴールからです。





ヘリで救助にきてくれた藤宮さんのお父さん。




藤宮さんがヘリに乗り込み、さぁ篠原くんもヘリに乗り込むぞ。





というところで、地震が起き、地面が崩れてしまいます。





やむなく飛び立つヘリ。





地面が崩れ、水がどんどん押し寄せます。







篠原くんは、駅に繋がっているデパートの階段を駆け上がります。







水の勢いは止まらず、下からどんどんデパートを飲み込んでいきます。








走る篠原くん。




崩れる連絡通路の手すりをよじ登り、なんとか隣の電波塔にたどり着きます。




たどり着いた先には、血の跡がありました。





血の跡を辿ると、そこには根岸が倒れていました。




製薬所に侵入し、ゆうこりんを助け、柘植さんと仲良くなったあの根岸です。



何があった根岸!?




篠原くんが近づくと根岸が話しかけてきます。






「このディスクを持って……ここから脱出してくれ。そうすりゃ一躍有名人だぜ」






篠原くんは初対面だからなんだかわからないだろうけど、ずっと見てきた私からすると、何としても一緒に脱出したい。





「俺は……もう少し……ここで休んでいくよ……」




くぅ……。




つらい。



なんだこの展開。



そういいながらもまた水が押し寄せてきます。





街で一番高いこの電波塔まで水がきているということは街すべてが水に沈んだということです。






篠原くんは根岸からディスクを受け取り、電波塔を登ります。






少しずつ沈んでいく電波塔を登り、てっぺんにたどり着いたとき、藤宮さんがヘリからハシゴを投げてくれました。





決死の思いで、ジャンプをしてハシゴに捕まります。






そして電波塔も水に沈み、富坂市は完全に水に沈みました。






ギリギリだったけど、なんとか2人を乗せたヘリは街を脱出することができました。





おわり。











いやいやいやいや!







ちょっと待った。





何も解決してないよ!





知事の悪事を暴いてないし。



余りにも解決されてないので、検索エンジンgoogleで調べました。





簡単に言うとググりました。





するとわかったことがあります。






六人目の主人公がいました。




ちょくちょくすれ違ってた人でした。




本多っちの先輩。




しかもこの人1の主人公らしいよ。




あと、西崎ちゃん編で一緒に逃げてた教育実習生が1のヒロインの1人みたいです。




1やってないから知らなかったよ。




で、篠原くん編で病院に向かってしまうと、6人目が篠原くんになってしまうらしいです。





あとは選択肢の選び方で最後の主人公、真のエンディングがみれるようです。





ってところでそらうみポータブルの方は終わっていたので、ここでは6人目の主人公、須藤編を書きたいと思います。



次回、最終回『須藤始動』



おたのしみに。


FC2 Blog Ranking←19742位。本当の最後です。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

絶体絶命都市2 はやみん編3

ちら。


今回も絶体絶命都市日記なわけですが、もう少しで終わりますのでお付き合い頂ければ幸いです。



ガムです。



成瀬さんをその場に残し、流されてしまったコンテナをボートで追いかけるはやみん。


一見かっこいいけど、浸水した学校に残された成瀬さんやばくね?


西崎ちゃんが乗っていったヘリが最後のヘリだったし。もう誰も助けにこないよね。



連れていくべきだった……。


まぁ、そんなことを今更言ってもね。


こぼれたミルクを嘆いても仕方ないですから、1人で立ち向かいますよ。




しばらくボートを進めると、ビルにひっかかっているコンテナを発見!



ウイルス満載のコンテナが流れてしまっては大変ですから、こいつを縛れるものを探すのですが、ロープのようなものが見つからず、さまよい続けました。



そしたらね。




ロープじゃないのね!



市旗だったよ。




気づくかよこんなの。


めちゃめちゃ迷いましたよ。



公園でロープ探して、市旗の回りをぐるぐるぐるぐる回ってましたよ。




コンテナを旗でボートにくくりつけて、変電所に向かいます。




そうです。エキドナは電気に弱いですからね。一発電気当ててウイルスを全滅させる算段です。




と。ここで気づきました。



この上を確か篠原くんで歩いた気がする。




篠原くんの最後のところも電気っぽい場所あったし。




近くに篠原くんいるんだなぁ。と思いつつ変電所に到着。




「遅いじゃないか速水。こんなところで何をしている。アポロン様がお待ちかねだぞ」





白い防護服を着た二人組でした。さっきボートの上をヘリが通過したのですが、まさかこいつらとは……。



篠原くんのときに、藤宮さんのお父さんがヘリで助けに来てくれたので、そのヘリかと思ったのですが違ったようです。




見つかっちゃいけないやつらに見つかってしまいました。




「エキドナなんか作っちゃいけなかったんだ。おまえ等にエキドナは渡さない」




後ろから田辺知事がやってきます。



「アポロン様」


防護服の二人が跪きます。



秘書の青山がディスク狙ってたから知事怪しいとは思ってたんだけど、そんな序盤で特定できるわけないから別の奴が真に悪い奴なんじゃないかと勘ぐったりしたけど、ストレートに知事でした。


「お前がそれを渡さないというなら……」


パンッ!


発砲してきやがりました。


もろに腹にもらったはやみん。お腹から血がドバドバ出ます。


「お前ら。この男を捨てておけ」


田辺知事の指示で、氾濫した水の中に投げ捨てられました。



しかし、はやみんは最後の力を振り絞り、なんとかロープにしがみつきます。


もう立ち上がることもできないので、ほふく前進のようにはいずりながら陸に上がります。



はやみんは水に沈んで死んだと思ってる知事の死角をついて、電気レバーに近づくはやみん。


知事が気づいたときにはもう遅いです。


自分の最後の力をすべてのせてレバーをおろします。



コンテナに電気が流れ、エキドナは消滅します。


「貴様ぁ!何をしている!」



田辺知事は怒って、はやみんに発砲します。もう死んでるはやみんに何発も発砲します。




銃を撃ちながら、知事の昔話が始まります。





知事が子供の頃の、都市プロジェクトが進む前の富坂で、疫病が流行ったそうです。





その疫病で住民は全滅し、田辺知事だけが生き残ったそうです。




見捨てられた地で田辺少年は、人々を同じ目にあわせてやることを誓いました。




そのために、知事になり、都市プロジェクトを進め、人を呼び込んだのです。





その話をしながら何発も何発もはやみんに拳銃を発砲します。




弾が切れて、銃がカチン、カチンとなっても引き金を引き続けます。




この知事のシーンはかなりアツいものがあるので、是非実際にプレイして見て頂きたいです。




はやみんの体からたくさんの血が溢れ、速水編が終わります。





最後の主人公にしてめちゃ鬱なエンド。





はやみん好きだったので悲しくなりました。




そして話は1人目の主人公である篠原くんに戻ってきます。



次回、絶体絶命都市2日記ホントの最後。


お楽しみに。

FC2 Blog Ranking←19412位。完全版はあと一人書きます。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

絶体絶命都市2 はやみん編2

ちらー。



またドラクエはさんでしまいました。



ガムです。出来心です。



前回は、はやみんが、同僚でありゆうこりんのお兄さんである佐伯聡さんのマンションに忍び込んで、記憶がなくなる前にやりとりしていたメールを発見したところまででした。





では続きから。





マンションで白衣のおじさんに会いました。

このおじさんというかおじいさんというかは、あの西崎ちゃん編で体育館に一人残った白衣の人ですね。




「何をしている。お前のせいでこんなことになっているんだぞ」





この人何か知ってる。





「あれをなんとか出来るのはお前しか残っておらん。コンテナは富坂商業高校に流れ着いた。わしは先に行ってるから早くくるんだぞ」






成瀬さん情報によると、聡さんとはやみんの師匠にあたる方だそうです。聡さんとはやみんが暴走してるのをとめようとして裏切られたようです








なんとかする方法を忘れているはやみん。記憶を呼び覚ますきっかけを探すということで、自分のマンションに行くことになりました。







しかし、どこに住んでいたのかも思い出せない。




そのときでした。





「私、速水さんのマンションなら場所わかります」









成瀬さん?








成瀬さん?








成瀬さん?






また成瀬さんでした。






パスワードを知っていただけでなく、マンションの場所まで知っている成瀬さん。







こえーよ。







普通彼氏の同僚のマンションなんか知らないからね。









ストーカー体質だよなぁ。







ただ今はそんな成瀬さんに助けられるはやみん。








マンションに到着しました。







マンション広っ!!







佐伯聡さんのマンションの二倍くらい広いです。







ただこの部屋、ベッドがない。






患者さんが手術室に運ばれるときに使われるベッドみたいなのはあるんですけど、まさかこれで寝てるわけじゃないですよね?







つーか、はやみんのセンスを疑うようなインテリアしかないよ。






イケメンなのに残念だ。




はやみんはあれ、銀魂の高杉みたいな感じのイケメン。






パソコンを起動します。




パソコンには、自分の日記のようなものが入っていて、そこに佐伯聡さんとの出会いから、ウイルスを作っていることやらアポロン様への忠誠を誓っていることまで書いてありました。







クリスマスの日に、ウイルスをばらまくという計画がされていました。







今日じゃん。






災害で少し漏れちゃってるのかな?





みんなかかってるよ新種のインフルエンザだ。とかいってさ。







「俺は……とんでもないものを……作ってしまっていた……」







うん。いいぞ。まともな人格になってるぞ。






エキドナは強い電力を当てると消滅する。という情報をパソコンで見つけました。






消滅する方法は手に入れた。あとは流されてしまったコンテナの確保だ。





2人は富坂商業高校へ行きます。




西崎ちゃんたちが逃げた後の富坂商業高校。




おじさん1人がいます。







「ゴホッゴホッ。くそっ。私もここまでか……。必ずエキドナを消滅させてくれ」








師匠までもエキドナに侵されてしまいました。








「成瀬さん俺は自分のやってたことにケリをつけてくる。必ず戻ってくる。だから待っててくれ」







かっけー。






「私も行きます!」







「だめだ。君に何かあったら聡に申し訳が立たない。君はここで待つんだ」







「……はい……気をつけて。私待ってますから」





いよいよクライマックスだ。


篠原くんのときには想像もしてなかったストーリー。

次回で、はやみん編ラスト。


おたのしみに。


FC2 Blog Ranking←41841位。明日はラジオします。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

絶体絶命都市2 はやみん編

ちら。



P3Pやってるけど、今日の日記は絶体絶命都市日記です。



5人目の主人公行きましょう。この5人目で最後になります。




ラストの主人公は今までの主人公と違って、名前が「???」で始まります。






なんでかというと、記憶喪失だからでした。






始まりは目覚めるところからです。





女の人が看病してくれてます。





「君は?僕は……誰だ?」







この男性は自分が誰かわかっていませんが、ここまで4人のストーリーを見てきた私には察しがついてしまいます。



ゆうこりんのお兄さんは製薬会社に勤めていて、2人で悪魔のウイルスを作ってしまい、ゆうこりんのお兄さんの同僚だと思っていた根岸は、実は同僚ではなかった。





西崎ちゃんの高校の体育館に、白衣を着たおじさんが人を待っていた。







この行方不明の人は白衣を着ている。



はい。繋がった。








こいつがゆうこりんのお兄さんの同僚だ。







看病してくれていた女の人が自分の名前を教えてくれました。





男の名前は速水。





はやみんと呼びましょう。





女は成瀬さん。






ゆうこりんのお兄さんの恋人です。






ゆうこりんがお兄さんのマンションに入ったとき根岸に間違われたその人です。







この人が成瀬さんか。








成瀬さんはそれを告げるなり、倒れてしまいました。





これは……。あれか。







ウイルスか。







だよなぁ。






こいつが作ったんだよソレ。はやみん忘れちゃってるみたいだけど。責めていいんだよ。







「高い熱だ。たいへんだ。何か冷やすものを」






はやみん忘れてるからね。焦ってるよ。







冷やすものを探しに外へ。







レスキューの人に出会います。






「ああ!お医者さんか。助かった。人手がたりないんだ。手伝ってくれ」








白衣を着てるせいで、医者に間違われます。






「そうか。俺は医者なのか」






間違えた記憶を呼び覚ますはやみん。






違うよ!医者じゃないよ!







医者と間違われたことで毛布をもらえたりしてラッキーでした。







コンビニで冷えピタ的なシートを見つけ、成瀬さんを少し安静にしていたら成瀬さんが起き上がりました。




その後、佐伯聡のマンションで手がかりをさがすことに。






地味に佐伯聡のマンション色んな人が来てるよね。








パソコンだけはずっとつけっぱなしになってたから何なんだろうと思っていたら、ここのためでした。







「パスワードが……」








はやみんは記憶喪失で忘れてしまってます。







「パスワードなら私わかるわ!」





と成瀬さん。




え?






成瀬さん?






いやいやいやいや。






いくら恋人だからって知ってたらまずいよね?







機密に作られたウイルスの中身がのぞけるようなパスワード知ってたらおかしいよ。







いくら恋人でも教えないよ。








百歩譲って聡さんがすぐ教えちゃう人だったとして、それなら妹のゆうこりんも知ってるはずだもん。









そう考えると、聡さんが教えたんじゃなくて、成瀬さんが探ったとしか思えない。










彼氏のケータイがロックかかってて怪しいと思ってパスワード探り当てた的な匂いがするよ。








成瀬さんこえー!








おとなしい顔してこえー!





パソコンの中身を閲覧。







はやみんと聡さんが、ウイルスについて意見のやりとりをしていた内容のメールを発見しました。





エキドナというウイルスを作ったようです。







アポロン様のために作ったようです。







オカルトの香りが漂いはじめてます。






アポロン様とは一体誰なのか?





はやみんは記憶を取り戻すことができるのか!?





明日に続く!!

FC2 Blog Ranking←41142位。これはひどい。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

プロフィール

ガム・ライトイヤー

Author:ガム・ライトイヤー
好きな食べ物はグミです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ガムラジ
アンケート
enquete.mrkx.biz
ついったー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。