FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美食家探偵 桐島綾子 ファイル5




綾子「なるほどね。学生らしい単純なトリックだわ。実に幼稚。幼稚すぎて笑えるわ。故にこれだけの犠牲者を出してしまったのだけれどね」






高崎「学生らしいってどういうことなんですか綾子さん!?」








綾子「高崎くんも一度くらいはやったことがあるんじゃないかしら。きいたことがないなんてことはないくらい有名な遊びよ」





高崎「遊びですか……」






綾子「今この学園で流行っている遊びは何かしら?生徒会長さん」








生徒会長「コックリさん……。ですか?それと殺人事件に何の関係があるというのです!?」









綾子「そう。どのクラスで聞いても必ずそのコックさん。あれ?違う。コック……さん。あれれ?コックさん……。ああぁぁ!それが流行っていたのよ!!」








高崎「聞き込みでお腹減っちゃったんですね。一旦ご飯休憩いれましょうか……」



←27068位。そらうみといえば綾子さんくらいにはしたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

美食家探偵 桐島綾子 ファイル4


高崎「うわぁー!これ好きなだけ食べていいんですか!?」





綾子「回転寿司くらいでそんなにはしゃがないの」






高崎「だって……。この何週間かずっとたまごかけご飯とふりかけご飯の繰り返しだったじゃないですか。たまごかけご飯にすきやき味のふりかけかけるのが最大の贅沢だったじゃないですか!」







綾子「確かに……。やつにかなり仕事もっていかれちゃったからねぇ……。だけど、やっと大きい事件がひとつ片付いてある程度お金も入ってきたし。今日はたくさん食べましょう」







高崎「ヤッホゥ!いやー。それにしても今回はかなり大変でしたね。まさか凶器が氷とは思いませんでしたよ」







綾子「たとえ氷でも何らかの証拠は残るものよ」








高崎「さすが名探偵。目線がちがうや!ってあれ?綾子さんさっきから全然サーモン食べてないですね」







綾子「わー。わー。わー。やーめーてー。サーモンは嫌いなのよ」









高崎「へぇー珍しい。綾子さんも食べれないものあるんですね」










綾子「そうなのよ。サーモンだけはどうしても食べれなくてね。この人生ずっとシャケ続けてきたわ」










高崎「……え?」










綾子「ちょっ。何回も言わせないでよ恥ずかしいじゃない」

FC2 Blog Ranking←12057位。見えた。適度に書かないのがコツだこれ。

テーマ : ゆるキャラ
ジャンル : サブカル

美食家探偵 桐島綾子 ファイル3

高崎「犯人の時田さんは自殺で動機はわからず仕舞いですか。結局この事件は謎のまま終わるのか……」





綾子「そうね。犯人が死んでしまっては真実は闇の中よ高崎くん。私たちに出来ることは、トリックを破ることだけ。警察みたいに色々な権限を持ってるわけじゃないのよ」





高崎「探偵ってなんなんでしょうね」








綾子「さぁね。ただ私に逮捕権があればこのスーパーを逮捕するわね」






高崎「何でです?」








綾子「お刺身にサラダにコロッケにステーキ」







高崎「それが?」








綾子「お惣罪よ」











高崎「うっわ!くだらねー。聞いて損した!」










綾子「世の中そんなもんよ」



FC2 Blog Ranking←28352位。ペルソナ3の女主人公の名前は綾子でやってます。

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

美食家探偵 桐島綾子 ファイル2

【美食家探偵桐島綾子2】



綾子「うーん。この部屋のどこかに犯人が使った隠し通路があるはずなのよ。絶対見つけるのよ高崎くん」








高崎「絶対見つけるのよ。なんて言われてもなぁ。隠し通路ですか。確かにそうじゃなきゃ猪原さん殺害のトリックは崩せませんけどね。だからってこの部屋に隠し通路があるとは思えな……っとと!!」










綾子「高崎くん!」










高崎「いてて……」










綾子「平気?高崎くん」











高崎「はい。腰はかなり痛いですけどね。それに足くじいちゃいましたけど、見つけちゃいましたね隠し通路」














綾子「ライスよ!高崎くん!」














高崎「今絶対なんかおかず想像してたでしょ!ナイスな働きをするたびにご飯炊くの無理です!」













綾子「さぁて。いきましょう」
















高崎「無視か……」



FC2 Blog Ranking←17812位 。空も飛べるはず。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

美食家探偵 桐島綾子 ファイル1

【美食家探偵桐島綾子】




トゥルルル……。

トゥルルル……。




高崎「はい。桐島綾子探偵事務所です。……はい。……。はい。わかりました。えぇ。はい。それでは。はい」





ガチャ。




高崎「ふぅ」










綾子「あら。どうしたの高崎くん。そんなシリアルな顔して」








高崎「綾子さん!僕はあまり時間がないけどしっかり食べておきたい派のOLの朝食ですか!シリアスでしょ!!一回食べ物のことは頭から離してください!事件の電話があったんですよ!たった今ね!」






綾子「聞こえてたわ」







高崎「でしょうね。こんなくっついてたら聞こえてたでしょうね!」







綾子「何あかくなっちゃってー。かわいいわねぇ」









高崎「うっさい!行くよ!ほら行くよ!」



FC2 Blog Ranking←10642位 。大転落。また5桁との戦いが始まる。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ガム・ライトイヤー

Author:ガム・ライトイヤー
好きな食べ物はグミです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ガムラジ
アンケート
enquete.mrkx.biz
ついったー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。